胸 病気

MENU

胸が小さい理由は病気かも?こんな異変には要注意

胸が小さい理由・悩みについて

 

体型と同じように、胸の大きさには個人差があるので、
バストサイズアップのために様々なお手入れをしていても、
あまりサイズが大きくならない方もいれば、
何もしなくても元からバストサイズが大きいという方もいます。

 

それで、胸が小さいということで、
悩んでいる方もかなり多いんです。

 

バストサイズに個人差以外の原因が!?

 

胸が小さい理由・悩みについて

 

大抵の場合、胸が小さいことは体型の個人差の範囲ですが、
場合によっては胸が小さいことは病気が原因のこともあるんです。

 

では、どのような場合には、胸が小さい原因が、
病気なのかもしれないのでしょうか?

 

さらに、胸が小さいという症状が起きる病気には、
どのようなものがあるのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

 

胸が他の人と比べてあまりに小さい、
胸のバランスが悪い、とお悩みの方は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

胸が小さい病気にはどんなものがある?

 

胸が小さい理由・悩みについて

 

乳房発育不全

 

この乳房発育不全という病気は、乳房が何らかの原因で、
十分に発育しないという症状が起きる病気
です。

 

名前の通り、乳房が発育しないということは、
胸が小さいということです。

 

その原因は、ほとんどわかっておらず、
豊胸手術を受けるなどして、胸を作るということが治療法です。

 

はっきりとした特定の原因はわかっていませんが、
この病気が起きやすいのは、
痩せ型で高身長の女性
だとされています。

 

漏斗胸(ろうときょう)

 

この漏斗胸は、男性に多い病気ですが、
女性にも発症することがあります。

 

この漏斗胸も、痩せ型の女性に起きやすく、
胸の真ん中の部分が縦向きに凹んでいるという症状が
起きる病気
です。

 

胸の真ん中が凹むということは、
胸が小さいという症状も起きてしまいます。

 

症状によっては、胸の真ん中のへこみが大きくなりすぎるため、
内臓にまで悪影響が及ぶ場合もあります。

 

軽度の場合は、胸が小さいといった症状ですが、
気になる方は豊胸手術などを受ける方も多いようです。

 

乳がん

 

胸に関係した病気で、最も怖いのが乳がんとも言えるでしょう。

 

早期の乳がんの場合、胸の片方が小さいという症状が起きます。

 

胸の大きさに左右差がある場合は、
乳がんの初期症状の可能性がありますので、
気になる場合には、他の症状を調べたり、
一度検査を受けると良いでしょう。

 

乳がんは怖いというイメージがありますが、
早期発見・早期治療によって、十分治せる可能性があります。

 

早めに病院に行くことを意識しましょう。

 

 

胸を大きくする ランキング