エストロゲン 増やす ツボ

MENU

エストロゲンを増やすツボを押してみよう

増えてくれたら嬉しい効果が期待できるエストロゲン コラム
エストロゲン、東洋医学のツボ押しなら、
初心者でも簡単にツボ押しができます。

 

気軽にできるツボ押しをご紹介しますので、
ぜひ生活に取り入れてみてください。

 

ツボを押してエストロゲンが増える理由

 

東洋医学のツボ押しは、西洋医学に比較すると、
すごい効果があるものではありませんが、
体にゆっくり優しく働きかけてくれます。

 

エストロゲン コラム

 

私たちの体には無数の神経が走っており、
神経が集中する部分がツボと呼ばれ、
そこに疲れが溜まりやすくなっています。

 

ツボを押してみて、痛い時は、血流の流れが
滞って栄養も酸素も届いていない状態
そうです。

 

ツボのある場所を知っておけば、そこを押すと、
刺激が脳に伝達され、脳から信号が発せられ、
その部分が正常に機能するようになるのです。
エストロゲン コラム
ツボを外から押すだけで、内臓の働きまで
良くなるなんて、利用しない手はないですね。

 

 

エストロゲン増加に効果的なツボ

 

女性ホルモンに効果的なツボは、分かりやすいです。

 

3つありますが、最も有名なのが壇中(だんちゅう)で、
左右の乳首を一直線に結んだ中央、胸の真ん中に
あるツボです。
エストロゲン コラム
壇中を押すと、バストに張りを与えることができ、
女性誌でもよく紹介されているため、バストアップ
のために、毎日押している人も多いようです。

 

二つ目に、中かん(ちゅうかん)というツボがあります。
これは、お腹の上部分、おへそから指4〜5本分、真上の
部分にあります。

 

三つ目は、渕腋(えんえき)という脇の下にあるツボで、
左右の乳首を一直線に結んだところにあります。
3つのツボの中では一番痛いのが特徴です。

 

ツボ押しは、特にリラックスして、血流の
流れの良い入浴後がお勧めです。

 

ゆっくりと腰かけるか、横になり、呼吸を
止めずに深呼吸をして、少し痛いくらいの力加減で、
3秒間くらい押します。

 

1つのツボは、3回くらい押します。あまり強く
押しすぎないようにしましょう。

 

エストロゲン コラム

 

続けて刺激する内に、痛みだけでなく、
心地よさも感じれるようになるので、就寝前など
に行うと良いですね。

 

それに、夜の10時くらいに押して、眠ると、
エストロゲンの分泌がさらに促進されます。
22時から翌朝の2時までの4時間はゴールデンタイム
と呼ばれ、体の成長にも美容にも良いホルモンが
作られるからです。

 

ツボ押しは、服の上からだとちょっと分かり辛いため、
最初は、家でゆっくり押す方が良いでしょう。