エストロゲン 減少 トラブル

MENU

エストロゲンの減少に伴うトラブル

男女ともに、エストロゲンの分泌量が不足すると、エストロゲン コラム
様々なトラブルが起きてしまいます。

 

エストロゲンが少ないと、どのような症状
が出てくるのか、肉体面と精神面、両方で
見ていきましょう。

 

エストロゲン不足による体への影響

 

エストロゲンは、妊娠や生理周期、女性らしい体
を作るのに必要な女性ホルモンになりますが、
精神を安定させる作用もあります。

 

エストロゲンが十分に分泌されている女性は、
分泌量の少ない男性と比較して、ストレスを
上手く受け流すことができ、忍耐力があります。

 

エストロゲン コラム

 

閉経すると、女性は、男性よりもエストロゲンの
量が減るため、ストレスに弱くなったり、
イライラするなど、精神状態のコントロールが
難しくなってしまうのです。

 

また、閉経してエストロゲンが不足すると、女性は、
骨ももろくなると言われており、骨も精神状態も
ボロボロという辛い時期を迎えることになります。

 

男性でも、エストロゲンが少なすぎると、
髪の毛が薄くなり、禿げやすくなると言われています。

 

エストロゲン コラム

 

男性ホルモンが多いと、体毛が濃くなりますが、
髪の毛は女性ホルモンのエストロゲンの影響を
受けています。

 

そのため、男性でも禿げ予防に、エストロゲンの
サプリメントを取り入れている人もいます。

 

男性で禿げに悩む人が多いのは、このエストロゲン
に深く関係しているんですね。

 

 

老化にも関与するエストロゲンの働き

 

エストロゲンは、18歳から30歳までは多く分泌されて
いますが、それ以降は徐々に減少し、50歳頃になると
最低ラインとなり、そのまま低い状態で老化が進んで
いきます。

 

エストロゲン コラム

 

女性の場合、エストロゲンは卵巣で作られますが、
卵巣も衰えていくので、食品やサプリで補給しなければ、
エストロゲンは減る一方です。

 

エストロゲンが減少すると、女性は骨粗鬆症になり
やすい特徴があります。

 

エストロゲンはお肌や髪の毛を美しく保つ働きもあるため、
少ないと、外見的な若々しさも損なわれてしまうんです。

 

なので、いつまでも若々しく見られたいという方は、
食事やサプリを取り入れると良いですね。

 

エストロゲン コラム

 

どんなに良い化粧品を使っても、エストロゲンが不足
していれば、外からだけケアしてもあまり効果が
ありません。

 

健康的で若々しく見える人は、エストロゲンの分泌量
が多かったり、食事などで補っている人とも言える
でしょう。