エストロゲン 増やす 漢方薬

MENU

エストロゲン分泌を増やす漢方薬について

女性は閉経するとエストロゲンの分泌量が
著しく減少するため、薬の服用をしている
人も少なくありませんが、最近は、閉経前のエストロゲン コラム
若い女性でも、薬の服用を希望する人が
多くなっています。

 

医薬品となると、副作用もやはり心配される
ため、漢方で優しい効果を期待できないか?
調べてみました。

 

エストロゲンを増やす薬の副作用

 

エストロゲンの分泌は20歳〜30歳にピークを
迎え、30代後半になると徐々に分泌量も減ってきて、
閉経を迎えるとその量は激減します。

 

それまで分泌されていたエストロゲンが減少すると、
精神状態をコントロールできなくなったり、
いわゆる更年期障害が始まります。

 

エストロゲン コラム

 

更年期障害を改善するために、エストロゲンの
分泌を増やす医薬品もありますが、やはり
副作用も心配されます。

 

女性の体は、エストロゲンとプロゲストロンの
女性ホルモンのバランスで維持されており、
生理周期により分泌量が変化しています。

 

なので、体外からエストロゲンを入れると、
頭痛や吐き気などの症状が出ることも多いのです。

 

病院で処方してもらっても、薬局で購入しても、
薬はきちんと用法を守って飲まないと、
ホルモンの影響で太ってしまったり、色々と
副作用が出る恐れがあります。

 

エストロゲン コラム

 

服用法をしっかり守って飲むことが大事です。

 

それでも、薬の飲み始めでは、車の運転などに
影響を及ぼすこともあるので、仕事上運転が必要
な方や、子供の送迎などするママなどは
非常に困りますね。

 

副作用に悩みたくない場合は、緩やかな
効果を期待できる漢方がお勧めです。

 

更年期障害の症状も辛いですが、医薬品の
副作用もすごく辛いので、漢方を利用すると
良いかもしれませんね。

 

 

エストロゲンの分泌を増加させる漢方薬

 

閉経に備え、更年期障害のための漢方薬を
お求めなら、逍遥散がお勧めです。

 

逍遥散は、ホルモンバランスを整える作用があり、
生理周期も整えてくれるので、若い女性も
使用できます。

 

また、不眠症や冷え性にも有効で、不眠症で
エストロゲンが不足している人にも有効です。

 

エストロゲン コラム

 

逍遥散は、一般的な薬局でも手に入ります。
最近は、更年期障害を漢方薬で改善する人も
多くなってきたので、種類も豊富になってき
ており、薬剤師さんに相談すると良いですよ。

 

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)という漢方薬も
あります。これは、更年期障害で悩みがちな
のぼせを和らげたり、生理不順を整える作用
期待できます。

 

体の血の巡りを良くする働きがあるため、
冷え性が改善し、エストロゲンの分泌が増え、
頭痛や肩凝りなどの悩みも改善されます。

 

エストロゲン コラム

 

以上の二つの漢方は、ホルモンに直接関与しますが、
他にも、高麗ニンジンが入っている漢方だと、
新陳代謝を高めてくれます。

 

漢方薬を選ぶ際は、1つだけではなく数種類を
混ぜてあることも多いため、薬剤師に相談するか、
通販で買う場合は、メールなどで問い合わせてください。